【中3生対象】中学社会「公民分野」先取り講座のご案内

中学3年生の皆様におかれましては、受検勉強に精進されていることかと存じます。
さて、このたび中学3年生の学習を一層サポートさせて頂きたく、姉妹塾である「リングアカデミー」の高校受検対策のノウハウを生かした中学社会「公民分野」先取り講座を開講いたします。

講座名 中学社会「公民分野」先取り講座
対象生徒 公立高校の専門学科、普通科受検を目指す全ての中3受検生
場所 リジョイス御所南教室 2階
日時 2018年11月3日(土)、11月10日(土)、11月17日(土)
各日13:00~15:00(3回完結)
※欠席のご連絡はリジョイス同様、前日までにお願い致します。
受講料 ¥7,800/3回(教材費込み)
※授業で使用する教材は全てこちらでご用意いたします。
※リジョイス、リングアカデミー(通塾コース)にお通いいただいている方は「11月度月謝にて合算」、そうでない方は「当日の受付で現金にてお預かり」させていただきます。
申込方法 下記の申込ボタンより、お申し込み内容をご記入ください。

講座概要

  • 中3社会公民分野の先取り
  • 当該分野の基本的な知識や考え方の説明
  • 当該分野の基礎レベル(~応用レベル)の問題演習
  • 「少人数」での集団授業
  • 中学社会全範囲の勉強指針のアドバイス

ねらい

多くの中学校では夏休み明けに学習する「公民分野」の全範囲を、11月中に先取り学習し、以降の演習中心の受検勉強に好循環を生むことを目標とします。各々の習熟度に応じて、よりハイレベルな問題も扱い、入試に直結する学力が習得できます。また、最終日の授業後には、過去問活用法をはじめとした、入試までの勉強の進め方についてのアドバイスを行います。

<社会科講師一同>

●なぜ11月に先取りか?

専門学科受検生、普通科受検生のどちらにとっても、入試本番の社会の点数は、それまでの演習量に大きく左右されます。しかし、中学校の社会の授業では、公民の分野を扱う時期が遅いため、当該分野の演習を積む時間を十分にとることができず、多くの受検生は不安を抱えたまま、入試本番に挑むことになります。秋のうちに中学社会を修了させておくことは、冬休みの集中演習、並びに入試までの追い込みをより充実させるために、非常に重要だと考えます。

●専門学科(堀川・西京・嵯峨野・桃山)志望者のみなさまへ

専門学科入試には、中3で学習する分野も多く出題されます。この時期に中3範囲の履修をしっかり終わらせ、冬休みに、中3範囲も含めた総演習をしっかり積むことができれば、準備万端で直前期の実践演習に臨むことができるでしょう。

●普通科・専門学科(紫野アカデミア等)志望者にとってのメリット

前期試験において社会は必要ありません。したがって、年明けからは英数国を集中学習することでしょう。しかし、中期試験を受けるとなると、前期試験が終わってから中期試験までの間のごく短い期間で社会の追い込みをする必要があります。つまり、まとまった社会の演習時間を確保できるのは、冬休みが最後のチャンスとなります。そのために、12月のこの時期に中3社会を修了し、冬休み中に社会の総演習をすることが重要です。

講座スケジュール

11月3日(土) 授業・演習:憲法・法律
社会の勉強法について個別の質問受け(希望者対象)
11月10日(土) 授業・演習:経済
社会の勉強法について個別の質問受け(希望者対象)
11月17日(土) 授業・演習:国際社会
中学社会全範囲履修後の勉強の指針のアドバイス(全員)
社会の勉強法について個別の質問受け(希望者対象)

※受講生の理解度等に応じて、進度を多少変更する可能性がございます。